宮崎ブライダル&医療専門学校 トップページ >>学科のご紹介 >> 医療ビジネス科 >> 医事スペシャリストコース

学科のご紹介

医事スペシャリストコース~IT化が進む医療現場で活躍する!~

医療の現場では病院を支える様々なセクションにコンピュータが導入されています。医療システムや医療制度などを理解し、より多くの専門知識を学ぶことが必要です。将来の病院幹部候補として、また情報処理のスペシャリストとしてハイレベルな資格取得を目指します。

ポイント①『診療情報管理技能職』を目指せる!

病院内は診療録(カルテ)や看護記録、検査結果などの多くの情報があふれています。
これらの情報を管理・加工・分析し有効活用する職種を
『診療情報管理技能職』と言います。

診療情報管理職の業務は、大きく下記の2つがあります。
①カルテの情報を管理・加工・分析し、データとして有効活用する。
②病名をコーディングし、情報として管理する。

これらの仕事のためには、カルテの内容を読み取るための十分な医療知識、そしてデータベースの作成・管理、そして経営に活かすための統計能力も求められます。
当コースでは、医療システムや医療制度を理解し、将来病院の幹部候補としての知識と技術力を身に付けます。
診療情報管理技能職についてもっと知りたい>>>

ポイント②『診療報酬請求事務能力認定試験』を目指せる!

医療事務の難関試験です。平均合格率30%の難関資格で、この試験に合格すると医療機関から高い評価を得られます。病院によっては、この試験の合格によって昇進・昇給が叶います。

医事スペシャリストコース 募集対象

2年課程 男女

医事スペシャリストコースで身に付くスキル

医療情報システムの要ともいえる、電子カルテ・医事コンピュータ実習を軸に、
診療情報管理に必要なコーディングを学び、医療事務のスペシャリストを養成します。
病院経営の基本といえる経理知識の習得も行い、病院の経営をサポートする技術を身に付けます。
精度の高い授業が、高い検定合格率に繋がります。

医事スペシャリストコース カリキュラム

医療事務/秘書実務/電子カルテ演習/メディカルコミュニケーション/メディカル英会話/ケアクラーク/医学用語/薬理学/病院管理概要/基礎医学/医事コンピュータ/患者接遇/医療秘書/医療関連知識/サービス接遇/簿記/Word・Excel

医事スペシャリストコース 時間割

  MON TUE WED THU FRI
1 医療事務 調剤事務 統計 医療関連法規 メディカル英会話
2 手話 簿記 病院管理 公費負担医療制度 秘書実務
3 手話 医療保険制度 メディカルコミュニケーション 電子カルテ 秘書実務
4 ワード・エクセル 医学一般 病名コーディング 医事コンピュータ 医療事務
5 ワード・エクセル 診療情報管理論 基礎医学 医事コンピュータ メディカルコミュニケーション
6 医療秘書   職業実践 サービス接遇  

医事スペシャリストコース 専門分野の授業内容を一部ご紹介!!

電子カルテ
医療現場の先端技術である電子カルテ技能を駆使し、一人一台の環境で操作と基本知識を学んでいきます。
病名コーディング
患者情報の統計・管理のために、病名の分類方法を学びます。
メディカル英会話
外国の患者様との応対に必要な基本的な英会話を楽しく学びます。

取得できる資格(選択科目を含む)

診療情報管理技能認定試験(メディカル・レコード・コーディネーター)
診療報酬請求事務能力認定試験
医師事務作業補助技能認定試験(ドクターズクラーク)
メディカルクラーク
電子カルテ実技検定試験
医事コンピュータ技能認定 2・3級
医療秘書検定 2・3級
秘書技能検定試験 準1・2級
Word文書処理検定
Excel表計算検定
電卓
簿記
手話検定 初級

>>【医療ビジネス科 学科説明ページ】へ戻る